ATエンジンオイル漏れ 修理 更新2016/09/16

ATエンジンオイル漏れ 修理 更新2016/09/16

エンジンオイル漏れ点検

エンジン下部エンジンオイルが(゜ロ゜)
点検しました(^-^)/

原因はトルクコンバーターのオイルシールが原因です、
このミニは2000年モデルです、


車両からサブフレームごとエンジン脱着(^o^)

やっぱりエンジンのフロントからもオイル漏れが(._.)
三角地帯にオイル溜まりが

サブフレームからエンジンをはすしました。







サブフレームアッパーマウントやっぱりへたってます、
新品交換します、

左右のエンジンマウントもへたり潰れてます、


これがトルクコンバーターです
m(。≧Д≦。)m
トルクコンバーターが硬く外れません( ´△`)
16年も付いていた、からかな
トルクコンバーター外れないと
オイルシール交換できない

2016/09/09 18:40
やっと外れました。(^_^)v


トルクコンバーターシールを新品に交換します、
2016/09/10


トルクコンバーターシール

トルクコンバーター本体を組み付け、トルクコンバーターカバー取り付け、エンジン後ろは出来上がりました(^-^)/


フロントがはのオイル漏れ修理にかかります。

クランクプーリー&タイミングカバー&タイミングギャー類脱着


タイミングプレートを外すと?(゜ロ゜)
半月シールがタイミングプレートに付いています

半月シールが、この半月シールはエンジンとミッションの間にあり、通常は外れません???




このシールは下の赤い線のところに付いています、

シールを取り付けるためには、
エンジンブロックとミッションケースを分解しないと、


一度組み付けたトルクコンバーター類をもう一度外しました

トルクコンバーターケースを外ずしました、

エンジンブロックとミッションケース外しました、
先ほどのシールはこのように付き
ミッションケースとエンジンブロックでサンドイッチ状態に付いています。
なぜ?取れていたのか不明です?



とりあえず、部品を取らないと


2000/09/12
部品はいり、シールを組み付けましたです(^-^)/

新品の半月シールを取り付けました、
普通ここには液体シールを使用しません。

タイミングプレートガスケット&カバーガスケット&シールを交換しました(^-^)/

カムギャー&チェーンを取り付けチェーンテンショナー調整ました。(^_^)v

ここに、液体シールを入れる必要はない、


デフサイドシールも交換

古いシールと新品シールです、(^_^)v





あとは、ラジエター回りを取り付けます。

2016/09/15
車体にエンジン載りました
(^-^)/

エンジン始動 各部点検 試運転しました(^-^)/

試運転後オイル漏れ点検漏れてません。

トルクコンバーターがわも、
漏れてません。(^_^)v

にほんブログ村 車ブログ MINI(ミニ)へ
にほんブログ村
ランキングサイトに登録しました。1日1回の応援よろしくお願いします。

自動車(MINI) ブログランキングへ
見たらクリックお願いします

車両在庫はココをクリック
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索